足利ものがたり文化の会 前田/伴パーティのブログ バナナン日記

 宮沢賢治の物語をとおして世代を超えて遊ぶ場です。ともに磨きあい、ともに育つことを目指します。
by maepa

コラボでライブ出演決定 11/3 市民プラザ文化ホール

これからの行事予定
10/12(日) 『やまなし』朗読劇練習  小中学生13:00~16:00GBM
10/19(日) 『かしはばやしの夜』合同練習&ワークショップ 13:00~16:00 宮先会館
11/3 (祝)  コラボでライブin市民プラザ
11/9 (日)  『かしはばやしの夜』合同練習
11/16(日) 『かしはばやしの夜』合同練習
11/22(土) 市民文化祭リハーサル
11/23(日) 足利市民文化祭 物語表現部門 「賢治童話の世界」
[PR]
# by maepa | 2008-10-02 16:05 | これからの予定

市民文化祭開幕式 元気よく! 9/28 in足利市民会館

 足利市民文化祭が始まりました。9/28は開幕式でした。
私達はサマーキャンプでつくりあげた『かしはばやしの夜』の一部分を発表しました。
キャンプからだいぶ日も経っていましたが、合同練習を重ね、元気に表現することが出来ました。
みんな『かんからかん』四人組が出てくる入場が大好き。思わず笑顔になってニコニコ顔で舞台にあがりました。これまでお母さんと一緒に出ていたメロークラスの年長組は独り立ち。言語も立派に言えました。
 市民文化祭 物語表現部門 『宮澤賢治童話の世界』
 11/23(日) 足利市民プラザ文化ホール 開場13:00 開演13:30 入場無料

みなさん見に来てください。
  
[PR]
# by maepa | 2008-10-02 15:59 | 最近のパーティ

ワークショップをしました!

8月10日 『かしはばやしの夜』のお話を聞こう!
        シャッポ(帽子)作りをしました。画用紙にハンドペインティングしてから
        好きな形の帽子にします。楽しいものがたくさんできました。

8月24日 オノマトピアで歌合戦
        この日は雨だったので、雨の音を聞きながらオノマトピア合戦
        作品をいくつか紹介します。
          木々はそわそわ ざわっざわっささー
          雲はほわほわ  ふわっふわっふふー
          霧はしんしん   しーんしーんしーん    
          
          あめは つぷんつぷん
          げたは づりづり
          
          あめは ぽつぽつぽっつぽつ

[PR]
# by maepa | 2008-08-29 22:06 | 最近のパーティ

2008 これからの予定

 さあ9月からは市民際に向けて全開です。子どもたちによる 『かしはばやしの夜』 、
春に取り組んだ 『やまなし』 の朗読、楢ノ木年代の 『ガドルフの百合』 等
それぞれがゆっくりと動き出します。30年の集大成! できるかな??

9月7日(日)   『ガドルフの百合』練習 10:00~ BGM活動部屋
9月11日(木)  父母会 (夏活動報告・市民祭の係分担など)
9月21日(日)  『ガドルフの百合』練習 10:00~ BGM活動部屋
           『かしはばやしの夜』合同練習 13:00~16:00 宮先会館
9月28日(日)  足利市民文化祭 開幕式  市民会館別館会議室にて10:00からリハ
10月19日(日) 『かしはばやしの夜』合同練習 & ワークショップ
11月3日(祝)  コラボでライブ 足利市民プラザ
11月9日(日)  『かしはばやしの夜』合同練習
11月16日(日) 『かしはばやしの夜』合同練習
11月22日(土) 足利市民文化祭リハーサル  足利市民プラザ
11月23日(日) 足利市民文化祭「賢治童話の世界」 足利市市民プラザ
[PR]
# by maepa | 2008-08-29 21:34 | これからの予定

ガドルフの百合 3(8/24)

8月24日 まえぱナラノキでした。
(※次回は9月7日(日)、9月21日(日) GBM 10:00~16:00です)
今回の参加者は良子、けん、永倉拓、城越くん、はるさん、伴。陽子と先生は午後から子供たちのワークショップへ。

 軽く物語全体について意見交換した後、田代パーティが2004年の芸術祭に出品した「ガドルフの百合」のCDをみんなで聴きました。朗読はもちろん作曲・演奏まで自前という力作です。やはり音声があるとやりやすいということで、田代パーティの承諾を得て、ダビングして配ることにしました。(田代パーティのみなさんありがとうございます) お昼をはさんでパート1を動いてみました。視覚4人に聴覚?2人。全集234ページ終わりの(もうすっかり法則がこはれた)という独白に注目して、視覚は風景が壊れていく様子をやりました。( )の独白の部分では視覚はストップし、聴覚の「闇」のようなものがガドルフに接触します。そして(もうすっかり法則が・・・)で、物質としてのガドルフのほかに、第二のガドルフ(ガドルフの意識?)が聴覚によって引っ張り出され、舞台を引き回わされるという表現をつくってみました。

第二のガドルフの登場に何となく手応えを感じつつ、パート2の話を始めたところでワークショップ組からお呼びがかかり合流。子供たちのかしはばやしを見て、ソングバード・歌・・・。
で、ナラノキに戻って次回のことなど決めておしまいでした。
とにもかくにも1回動けたのは収穫でしたしやっぱり人が多いと楽しい。次回もこれぐらい集まれるよう、みなさん時間空けといてね。

〈話し合いの中から・・・〉
○この話は「舎利」「問答」「瞋り」など仏教を匂わす言葉が出てくる。特に舎利は釈迦の遺骨のことであり、熱心な仏教徒である賢治が、楊にそれを見るというのは、楊の中の神聖なものを見たということではないか。
○楊(ぎんどろ)の葉の裏の白さ、貝細工、舎利、百合の白はつながっている。ある意味で死を暗示しているようでもあり、一方で純粋さや神聖なものを感じさせる。
○稲妻がないときの闇の存在を意識したい。稲妻は良いタイミングで光を送っているようにも見えるが、ガドルフを助けようとしているのか。
○パート1の人が来る→来ない、犬がいる→いないなど、ガドルフはもの(物質)の存在を信じられなくなっているのでは?舎利でできた楊や百合は物質としての存在がなくなっても残る本当の存在。最後のおれの百合は勝ったというときの百合はこっちの百合か。

そうそう、音楽は磯田兄につけてもらおうということになりました。音楽のイメージのある人は磯っちにリクエストしてくださいな。
では
では
[PR]
# by maepa | 2008-08-25 23:18 | まえぱナラノキ


パーティ スケジュール
・金曜日
 幼児 16:30~17:30
 幼児小学生 19:00~20:30

・土曜日
 幼児小学生 18:30~20:00
 中学生以上 20:00~22:00

・火曜日
 幼児小学生 17:30~19:00

・場所は山川町の活動スペースGBMです。

・お問い合わせ
前田  :0284・42・3854 
伴携帯:090・9310・9912
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧